PC作業をやりすぎて疲れ目になった写真長時間のPC作業だったり、スマホゲームを1日中やっていて、目の奥がめちゃめちゃ痛くなることありますよね?

場所で言うと目の裏に位置する部分で、ひどいと眠れないぐらいの辛い痛みや吐き気に襲われる症状です。

私も過去に何度も経験したことがありますが、本当に目ん玉をとって奥をマッサージしたいぐらい辛いです。

そこで今回は疲れ目による目の奥の痛み(偏頭痛)がどういう仕組みで発動して、どうすれば治るのかをまとめていきたいと思います。

なぜ目の疲れが偏頭痛に発展するの?

1日中パソコンやスマホを触っている女性の写真まず疲れ目の話から触れさせてもらいますが、疲れ目になりやすい原因は以下の5つが挙げられます。

①PCやスマホ、読書などで近くを長時間見続ける
②近視や乱視なのに対策をしていない
③メガネやコンタクトの度が合っていない
④寝転びながらや猫背の体制でPCやスマホを使っている
⑤ドライアイであまり涙がでない

疲れ目を感じるというのは、目のまわりの筋肉や奥にある神経が凝り固まった状態です。基本的には目を休ませたり睡眠をとれば治るものですが、目の疲れがとれずに慢性化してしまった症状が「眼精疲労」と言われます。

この状態になると目のまわりだけでなく、首や肩の筋肉も凝るようになり、最終的にひどい偏頭痛が襲ってくることになります。

ここまで発展していると、単に寝るだけでは中々治らず、全身マッサージに行ったりヘッドスパに行って身体全体の血行を改善する必要があります。

また、最近では若者の間でもこういった症状を抱える人が多くなっていますが、原因の一つにコンタクトの通販が関係しているとも言われています。

普段からコンタクトを使っている人は多いと思いますが、最近はネット通販で格安のコンタクトレンズを買って使っている人が多く、品質の低いコンタクトレンズが目を傷つけることで疲れ目になりやすい状態を作りだしているそうです。

目が傷つくことで視力が落ちたり、ドライアイになったりするので、安いコンタクトも中々怖いです。

疲れ目が吐き気に発展する仕組みとは?

疲れ目からきた偏頭痛が辛すぎてベッドに寝転ぶ女性の写真ひどい疲れ目になると偏頭痛だけでなく吐き気をもよおすことがあります。経験したことがない人の中には、目が疲れすぎて吐き気が起きるってやばくない?と思われるかもしれませんが原因は結構単純です。

実は脳の痛みを感じる部分と吐き気を感じる部分が近いせいだと言われています。

ようするに、目が疲れることで起きた偏頭痛を脳が吐き気と連動させて反応してしまうということです。

まぁどちらにしても偏頭痛と吐き気が同時に襲ってきたら寝るに寝れないぐらいには超辛いですよ

疲れ目からくる頭痛の種類

目からくる偏頭痛に悩む女性の写真疲れ目からくる頭痛は「偏頭痛」と「緊張型頭痛」の2つだと言われているので、各々の特徴を解説していきます。

<偏頭痛>
こめかみに釘が刺さったようにズキズキと痛むタイプで、ひどいと2日間も痛みが持続する可能性があります。またこの症状は遺伝する傾向があるので、親が偏頭痛持ちだと子供も偏頭痛持ちになりやすいです。

原因は様々で、目の疲れすぎや睡眠不足などに加えて、天候や温度の変化などでも起きやすいです。

<緊張型頭痛>
こめかみを締めつけられるような痛みが特徴です。イメージとしては西遊記のさるが頭につけているやつが縮む感覚に似ています。一撃の痛みはそこまでありませんが、比較的長く症状が出続けるので結構辛いです。

主に長時間のPC作業やスマホゲームのやりすぎなどによる、肩こり、首こり、ストレスが原因だと言われています。

疲れ目からくる頭痛の治し方

結論から言うと、目を酷使しないことが一番ですが、それができればこんな記事を読んでいないと思うので、普段からできる対策を紹介します。

疲れ目から偏頭痛になる前に心がけたい5つのポイント!

疲れ目から偏頭痛にならない為に自宅でできる5つのポイントを紹介①意識的に休憩をとる
1時間〜2時間ごとに10分程度は目を休めるようにしましょう。肩や首を軽く回すストレッチをするのが理想ですが、それすら難しいようでしたら少なくともトイレに立つようにしましょう。

②たっぷり睡眠をとる
寝不足は疲れ目にとってかなり悪影響です。逆に言えばしっかり睡眠時間だけ確保できていれば疲れ目を回復することができます。毎日夜更かしするなら昼寝を挟むなどして少しでも睡眠時間を長く取りましょう。

③メガネ・コンタクトの度が合っているか確認する
私も人のことを言えませんが、メガネやコンタクトの度は定期的に確認しましょう。少なくとも1年に一回は調整し直すことをおすすめします。

④部屋は明るくする
これは基本的なことですが、部屋は明るくしましょう。寝る前にベッドでスマホをいじったり本を読んだりしたい気持ちはわかりますが、暗くしたら一切見ないぐらいの気持ちが大切です。

⑤TVやパソコン画面に近づきすぎない
テレビを見る時は離れてみましょう。パソコンやスマホもあまり目に近づけて見てはいけません。特に寝転びながらTVをみたり、パソコン、スマホをいじると両目の視力にズレが出てくるので注意が必要です。

このように毎日の生活から意識して対策していくことが大切です。

もっと簡単に疲れ目対策をしたいならブルーベリーサプリを飲め!

疲れ目にガッツリ効くブルーベリーの写真ここまで疲れ目から偏頭痛に発展させないためにできることを紹介してきましたが、最終的に私が行き着いた方法は「ブルーベリーサプリ」を飲むという対策でした。

正直、いろんなことを少しずつ意識することは大切ですが、私のように仕事で長時間のPC作業をしている場合は、自分でできる対策も限界があります。そこで飲み始めたのが疲れ目に効くと言われているブルーベリーサプリです。

1袋数百円で買えるものから1袋数千円もするような高級サプリもありますが、私は月に2千円ぐらいのブルーベリーサプリを飲んでいます。

はじめは半信半疑で始めた習慣ですが、飲み始めて10日くらい経った頃から明らかに目の疲れを感じなくなってきました。

ちなみに私は1日に12時間ぐらいPCに向き合う仕事人間です。それでもこれだけ体感できるので、多少目を使いすぎた程度の方であれば疲れを無にするほどの効果が期待できます。

とは言え、私もどのブルーベリーサプリがいいかはかなり迷った上で選んだので1番人気のブルーベリーサプリを紹介しているサイトなどを参考にしてみてください。

私はこのサイトで紹介されている「美めぐり習慣」という商品を半年以上飲み続けています。今となっては絶対に手放せない存在です。

ここにいらっしゃったみなさんも、日頃から疲れ目にならないことを意識しつつ、手軽に始められるサプリなんかも試してみてください。

普段から目が疲れまくっている人は絶対に手放せなくなりますよ!